■ 2007
トップ > 月例会 >2007 


1月20日
(1)傷寒論素読:<竹内>
(2)後世要方解説:よく苡仁湯、加味八脉散、紫根牡蠣湯、清熱解鬱湯
          <永井小根山友部>
(3)自由演題:森道伯先生の「漢方一貫堂医学について」
         
矢数圭堂


2月17日
(1)傷寒論素読:<粂川>
(2)後世要方解説:順気和中湯、解労散、千金当帰湯、良枳湯
          <平馬鈴木善治郎永井由香>
(3)招待講演:朱建平先生
         「医学名詞“証”“症”“徴”規範使用の探討


3月17日
(1)傷寒論素読:<>
(2)後世要方解説:堅中湯、補気健中湯、丁香伏苓湯、治頭痛一方
          <風間菊地佐藤修平>
(3)自由演題:国際東洋医学会について
         <室賀昭三>


4月14日
(1)傷寒論素読:<>
(2)後世要方解説:蒲公英湯、延経期方、檳榔鶴虱散
          <三浦城所>
(3)自由演題:漢方製剤健保収載の経緯
          <菊谷豊彦
         

5月26日
(1)傷寒論素読:<>
(2)後世要方解説:香蘇散、行気香蘇散
          <風間神谷>
(3)古典講座:傷寒論  
          <庄司>       
(4)自由演題:漢方における私の経験
          <原桃介

6月9日
(1)傷寒論素読:<間瀬>
(2)後世要方解説:正気天香湯、三和散
          <仙頭、飛奈、植松(佐)>
(3)古典講座:傷寒論  
          <鈴木(善)>       
(4)症例検討:漢方クイズ(頭痛)
          <安井(代講:仙頭>

7月21日(夏期研修会)
(1)澤瀉について:<神谷>
(2)類聚方広義中の鍼灸:<鈴木(善)
(3)傷寒論中の修治と炮制:<粂川>        
(4)桂枝湯の理解、臨床応用:<風間
(5)補中治湿湯の出典:<矢数圭堂

9月15日
(1)傷寒論素読:<岡田>
(2)後世要方解説:分心気飲
          <矢数芳英大坪岸本>
(3)招待講演:中島泰三先生
         「一貫堂医学」

10月20日
(1)傷寒論素読:<岡崎>
(2)後世要方解説:平胃散、不換金正気散
          <矢数芳英佐藤知嗣玉井>
(3)臨床ディスカッション 
          <室賀一宏杉山友彦>       

11月17日
(1)傷寒論素読:<山岸>
(2)後世要方解説:かっ香正気散、人參養胃湯
          <古賀小根山>
(3)古典講座:傷寒論  
          <坂田>       
(4)自由演題:氣血水と皮膚疾患
          <二宮

温知会トップページへ
Copyright (c) 2002-2010 温知会 All Rights Reserved.