■ 2008
トップ > 月例会 >2008 


1月19日
(1)傷寒論素読:<内山>
(2)後世要方解説:胃苓湯・分消湯・五積散
          <粂川鈴木(善)>
(3)自由演題:症例検討及び「私の千葉古方漢方」中村謙介

2月16日
(1)傷寒論素読:<岡田>
(2)後世要方解説:二陳湯・枳縮二陳湯・か樓枳實湯
          <庄司菊地>
(3)症例検討:陽虚証のアトピー性皮膚炎の2症例 <古賀実芳>

3月15日
(1)傷寒論素読:<岡崎>
(2)後世要方解説:参蘇飲・竹じょ温胆湯・蘇子降氣湯
          <矢数芳英大坪>
(3)臨床デイスカッション:杉山友彦・室賀一宏

4月19日
(1)傷寒論素読:<>
(2)後世要方解説:四君子湯・六君子湯・香砂六君子湯
          <杉山友彦城所>
(3)症例検討: <三浦於菟>

5月24日
(1)傷寒論素読:<>
(2)後世要方解説:香砂養胃湯・参苓白朮散・補中益気湯
          <風間神谷>
(3)症例検討: <土方>

6月21日
(1)傷寒論素読:<間瀬>
(2)後世要方解説:帰脾湯・銭氏白朮散・人參養栄湯・清心蓮子飮
          <平馬飛奈>
(3)招待講演: 落穂ひろい『傷寒論』『金匱要略』・・大黄黄連瀉心湯、よく苡附子散料
          <中川良隆先生>

7月19日〜20日夏期研修会(熱海:金城館)
和田東郭(1742--1803)『導水瑣言』輪読

10月18日
(1)傷寒論素読:<玉井>
(2)後世要方解説:半夏白朮天麻湯・四物湯・八珍湯・十全大補湯
          <永井佐藤知嗣>
(3)招待講演: 黄連解毒湯と升麻葛根湯合方による治験
          <斉藤輝夫先生>

11月15日
(1)傷寒論素読:<山岸>
(2)後世要方解説:疎経活血湯・滋陰降火湯・逍遥散
          <小根山>
(3)症例検討:座瘡の漢方治療
 <二宮>

温知会トップページへ
Copyright (c) 2002-2010 温知会 All Rights Reserved.