1985                                      . 温知会トップページへ
トップ > 月例会 > 1985


1月19日
〔1〕医史学  平馬直樹「津田玄仙の理想とする漢方教育」
〔2〕生薬 庄司良文「大黄について」
 下法における大黄の役割りも重要だが、瀉下剤としてだけではない多くの薬効が認められている。
〔3〕『漢方処方解説』 室賀昭三「騰竜湯」
〔4〕『漢方治療百話』 矢数道明名誉会長「白癜風の漢方療法」



2月16日
〔1〕『漢方治療百話』 矢数道明名誉会長

「頑固な湿疹に消風散」、「アトピー性皮膚炎に消風散」など。P103〜P109。
臨床課題……尿管結石に猪苓湯合芍甘湯等。
〔2〕素問  大貫 進『素問』風論篇四十二
〔3〕生薬  小根山隆祥「朮」について
〔4〕『漢方処方解説』  菊谷豊彦 二陳湯



3月16日
〔1〕自由演題 真柳誠「気味について」
〔2〕生薬  小根山隆祥「人参について」
〔3〕『漢方処方解説』  原桃介「女神散」P432〜P434
〔4〕『漢方治療百話』  矢数道明名誉会長
 「アレルギー性蕁麻疹に十敗湯加味方」、「蕁麻疹に香蘚散加桜皮」など。P109〜P112。



4月20日
〔1〕素問  大貫進『素問』痺論四十三
麻痺の意味を示すときは痺が正しい
〔2〕生薬  長塩光弘 スライド使用。ウツボクサ、オオバコ、エビスグサ、カキドオシなど。
〔3〕『漢方処方解説』  細川喜代治「人参湯」P434
  人参湯に八味丸を併用して良い例がある。
〔4〕『漢方治療百話』  矢数道明名誉会長 P116〜P119「ストロフルスに五苓散」など。


5月11日
〔1〕素問  大貫進『素問』痿論四十四
〔2〕生薬  小根山隆祥「茯苓について」
〔3〕『漢方処方解説』  細川喜代治「排膿散」
〔4〕『漢方治療百話』  矢数道明名誉会長
 「多汗症に防已黄耆湯加味」
 「指先の荒れに加味逍遙散加荊芥地骨皮」



6月15日
〔1〕医史学 安井広廸 「北尾春圃について」
 美濃大垣を一生涯離れることがなかった後世派の大家・北尾春圃の略歴と医案
〔2〕生薬  鈴木「甘草について」
〔3〕『漢方処方解説』  室賀昭三「伯州散」P485〜P488
〔4〕『漢方治療百話・第2集』  矢数道明名誉会長
「緑内障に洗肝明目湯」「眼瞼縁炎に神効黄耆湯」など。
  P132〜



9月21日
〔1〕医史学  小曽戸洋「森立之の生涯と業績」
〔2〕生薬  庄司良文「地黄」:生地黄・熟地黄の違い及び地黄を含む方剤群
〔3〕処方解説  菊谷豊彦「麦門冬湯」
〔4〕『漢方治療百話第二集』  矢数道明名誉会長「清熱補血湯・神秘湯の治験」



10月11日
〔1〕医学史  平馬直樹「啓迪集をめぐって」
〔2〕生薬  鈴木堯「人参」:人参及び人参配合方剤の効能分類表
〔3〕処方解説  細川喜代治「八味地黄丸」
〔4〕『漢方治療百話第二集』  矢数道明名誉会長「五虎二陳湯・小青竜湯・小柴胡湯合半夏厚朴湯」



11月16日
〔1〕訪中報告  矢数道明先生「南陽:張仲景医聖祠」
〔2〕自由演題  吉田種臣「腎尿管結石のX線写真」
〔3〕生薬  長塩光弘「秋〜初春の民間薬」
〔4〕処方解説  原桃介「八味帯下方」



12月21日
温知会250回 矢数道明名誉会長傘寿記念祝賀会



Copyright (c) 2002-2003 温知会 All Rights Reserved.